2011年05月11日

台湾東面・大崙渓

台湾東面の珠玉の1本・大崙渓を登った。
長さ40km、下山路も40kmの超ロングルート。
えげつないくらいに巨岩帯、ゴルジュ、河原が続く、非常にタフなコースをこなした7日目の午後、卑南主山の頂上に立った。雲海の向こうには海岸山脈がかすかに見え、どこまでもぬけるような青い空が広がっていた。

大崙渓を選んだ理由としては1つの理由がある。
17年前、台湾溯渓の第2世代の青島さんをはじめ、若いメンバーの多くは、最初の台湾東面の谷として大崙渓を選んだ。彼らは大水量で厳しい大崙渓の遡行をこなし、9日目の午後に卑南主山の頂に立った。時間切れで、源流域の完全溯行はかなわず、支流から稜線に立ったものの、台湾東面の大水量の谷のほぼすべてのゴルジュを抜けたことは快挙だ。その後の台湾溯渓の方向性を決めた1本だったと思う。さらに、何も情報が無かったこの記録の発表により、この後、台湾の大学を中心とする研究機関により、数多くの生物学の調査が行われたと聞く。

初溯行から17年が経過した。当時30前後の若者も50に手が届こうという年齢になり、気がつけばその後台湾溯渓の第3世代ともいえる僕がリーダーをするような年になっていた。台湾溯渓のタスキは長きにわたり受け継がれてきたが、徐々に受け渡せる人間も減ってきた。しかし、まだまだ台湾東面には未踏の谷があり、長さ50kmを超えるモンスターとも称される谷がある。日本人が強烈な台湾の谷に足を踏み入れてから30年。課題は数多くある。この流れを絶やしてはなるまい。

今回の溯渓は、台湾溯渓の経験の無い若いメンバー中心で狙った。そして台湾側のメンバーには溯渓に情熱を燃やす台湾の大学山岳部OB2名を加えた。そんな若者だけで狙う谷として、再出発の意味を込めて、狙いを大崙渓に据えた。これは、若い者だけでも出来ることを示すためでもあり、そして新たなる流れを作るためでもある。

得られるものは多かった。彼らの考え方や登山の嗜好を知ることが出来た。登山に対する姿勢は真摯で彼らはリスペクトできる存在だった。
かくして山行は成功をおさめ、無事に再スタートを切った。
山行終了後、僕らの拠点となったメンバーのJasmineの家で、ささやかにお祝いし、次のターゲットの話をした。来年もこのメンバーで新たなる谷を狙いたい。充実した山行は自らを高め、そしてその後の人生を実のあるものにしてくれる。1年後の溯渓のカウントダウンが始まった。


ルート:台湾東面・大崙渓〜卑南主山〜小関山〜小関山林道
日程:2011年4月28日〜5月6日(8泊9日)

メンバー:
木下徳彦(36・チーム84)、橋本剛(42・finetrack)、相川創(35・finetrack)、小阪健一郎(22・京都府立医大山岳部)
和田一真(23・チームブランカ)、李佳珊(33・國立成功大學生登山協會)、鄭博文(30・國立清華大學登山協會)



011kino_DSC01155.JPG
入渓後、すぐに見られる景色。強烈なくらい壁がせり上がる。

014ken_DSC08088.JPG

015kino_DSC01720 (3).JPG
温泉ゴルジュを登る。

017hashi_DSC05613.JPG
1日目の疲れを温泉で癒す。

019kino_R0010015.JPG

022hiro_IMG_0945.JPG

024kino_DSC01720 (8).JPG

025kino_DSC01720 (9).JPG

026kino_DSC01720 (10).JPG

027ai_DSC03954.JPG
巨岩帯をショルダーで超える。

028kino_DSC01720 (12).JPG
終わりの見えない巨岩帯。この後ドハマりするが、この時はそんなことは考えもしなかった。

029kino_DSC01720 (11).JPG

030hashi_DSC05693.JPG
この巨岩の迷路の唯一の抜け道は、巨岩の隙間にわずかに見える光の道のみ。

031kino_DSC01720 (13).JPG

042kino_DSC01720 (16).JPG
これでも渇水で少ない水量。多かったらと思うと恐ろしくなる。

043hashi_DSC05768.JPG

045kino_DSC01720 (18).JPG
周囲は登れず、支流は滝。活路を開くため、垂直の壁にロープを伸ばす。(リード:和田)

046kino_DSC01720 (19).JPG

051kino_DSC01720 (20).JPG
この谷の核心の1つ。流されながら対岸に飛びつく相川。

052hiro_IMG_1106.JPG
ゴルジュの中の暴力的なくらいの直線水路。水に落ちたら助からない。ここは木下が機転をきかせた振り子トラバースで抜ける。フォローとはいえ、緊張する瞬間。

054kino_DSC01720 (21).JPG

056hashi_DSC05890.JPG

057hashi_DSC05904.JPG
ゴルジュで救助したモモンガのももちゃん。この後、僕の雨具のポケットに入って一緒にゴルジュを突破。

059kino_DSC01720 (23).JPG

062kino_DSC01720 (24).JPG
20mを超える巨岩が続く。人はちっぽけな存在だ。

063hashi_DSC05954.JPG
ゴルジュの中に現れた河原。谷がくれた宝物。時間も早いがもちろんここに泊まった。

071kino_DSC01720 (25).JPG

072hashi_DSC05987.JPG

073hashi_DSC05991.JPG
谷幅は恐ろしいほど狭い。

075kino_DSC01720 (26).JPG
キノボリトカゲの固有種(Japalura makiiといいます)

076kino_DSC01720 (27).JPG

077kino_DSC01720 (28).JPG

078ai_DSC04070.JPG
ゴルジュを超えれず、垂直の壁に活路を求める。

078hashi_DSC06035.JPG

082ai_DSC04108.JPG

083hashi_DSC06097.JPG
稜線が近づくにつれ、谷は連瀑で高度を上げる。大崙渓最大の50m滝。

084ken_DSC08432.JPG

091kino_DSC01720 (30).JPG

092hashi_DSC06140.JPG
ここだけ見ればまるで日本のようだ。この景色が標高3000mでも見られる。

093ai_DSC04160.JPG

094ai_DSC04184.JPG
卑南主山。とにかく長かった。7日目にしてやっと登頂。

095kino_DSC01720 (31).JPG

102ai_DSC04192.JPG

104hashi_DSC06223.JPG

107hashi_DSC06237.JPG

111kino_DSC01619.JPG

112kino_DSC01622.JPG

114kino_DSC01634.JPG

117kino_DSC01656.JPG

119hashi_DSC06309.JPG

120hashi_DSC06322.JPG
深層崩壊の跡が生々しい。土砂崩れの幅だけで1km近くはあったか?

121ken_DSC08783.JPG

123kino_DSC01678.JPG


j000_DSC1708.jpg
来年もがんばりまっせ。左から、橋本・相川・木下・和田・小阪の日本人五人衆。
posted by gorge13 at 01:20| Comment(3) | TrackBack(1) | Footmark in the mountain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最凶のゴルジュー事故は下山後に起きるー

最凶のゴルジュは下山後にあり。
台湾にはアルコールゴルジュというすごいゴルジュがある。
かつて、出発前の飲み会で意識不明になるまで飲ませられ、意識不明のまま電車に乗せられた人もいれば、帰りの飛行機に乗り遅れる、3Fから家の外のコンクリの床に落ち、九死一生という事例も。

今回も挑戦するが、猛者達に返り討ちに…。
むやみな挑戦は、死亡フラグ立つだけでした。

5/7夜
竹南にて到着を待っていたのは…コードネームMonkeyとFoxの2名。ちなみにこの2人、誰もあったことがない初顔合わせ。よくわからないまま車に乗せられ、連れていかれたのは国道沿いの食堂。「まずはしっかりと腹ごしらえしといてくれ!」次に何が待っているのか判らないだけに、一つ一つの言葉が恐ろしい。

DSC04270.JPG

食事の後に、再度車に乗せられ、1時間ほど揺られる。朝7時までバカ騒ぎしていたせいもあり、車の中で熟睡。「ついたぞー、降りろ」
そこは、山の中のキャンプ場。どうやってきたかも判らないから、逃げるのは不可能。
「おーキノポン。久しぶりね。」なんと、朋友の洪木村さんでした。

布団で熟睡を夢見ていたが、今日も寝袋決定。
挨拶もそこそこに宴会をせかされ、バトル開始。

誰が言ったか、「台湾式乾杯」「日本式乾杯」
乾杯のたびにビールの缶を逆さにすることを強要させられ、3ダースあったビールがあっという間に減っていく。
DSC04272.JPG
DSC06413.JPG

まず、きのぽんが木村さんに倒される。弱いやつめ。
DSC01759.JPG

そして、相川君も憤死。

そして、最後に残るはけんじり。彼の話では、Foxに「日本人は酒が弱すぎる」と言われて、勝負を挑んだものの、あと残りビール4本というときに、Foxが再び1ケース持ってきて、勝てないことを思い知ったらしい。そして、彼も意識不明。(膝に大きな打撲の跡、手を怪我していた)

翌朝は多数の屍が転がる結果になりました。

DSC01764.JPG

DSC01765.JPG

DSC01761.JPG

DSC01771.JPG
危険なアルコールゴルジャー達:左から、Monkey、木村さん、きのぽん(酒の呑みすぎで顔がむくんでます)、Fox



けんじりに至っては、翌日にキャンプ場に行く前に食べた牡蠣が原因の食あたりで翌日の夜に入院。アルコールゴルジュで弱ってしまってとどめを刺されたと思われる。(同じように食べたカズはセーフ)

DSC06407.JPG
危険な香りがするフライ屋さん・台南にて

DSC01848.JPG
けんじり、死亡フラグ立ってます。すでにフラフラ。

DSC01855.JPG
番小米ちゃんの働くお茶屋さんにてノックアウト。この後、台北市立病院に入院となりました。
(ところで小米ちゃんかわいかったですね。日本に遊びに来ないかな〕

294404428.jpg
愚かなヤツめ…。
posted by gorge13 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。