2013年10月11日

教育係

ちゅー太郎の教育係として、オカメインコ1羽(ホワイトフェイスパイド・♂8歳)を譲り受けました。
ナイトといいます。
人間でいうと中学生から高校生くらいのちゅたに対して、45〜50歳くらいの独身のオジサンになります。
歌をうたったりするらしいですが、鳴いているのは見ず、おとなしくしている気高い白騎士です。

警戒心の全くないちゅたは、この突然の同居人に興味がありすぎて、ヒマワリの種を咥えて、ナイトのところに持っていったり、
後ろから近付いて、尾っぽの羽をかじろうと、関心があることをアピールするのですが、
相手にされなかったり、近づいて怒られたりと、まだまだ仲良くなるまでには時間がかかりそう。

見ていると、ナイトの方が力関係が上そうで、ちゅたのお気に入りの場所を陣取っています。

1日目は、近づくと、ナイトが警戒して威嚇していたのですが、3日目には、あまり威嚇はしなくなってきましたので、
これからが楽しみです。

810.jpg811.jpg

20131010_003604.jpg20131010_002436.jpg

早速教育係の役目を果たしているようで、これまでペレットが嫌いでシードとペレットがブレンドされているエサでもペレットだけ食べなかったちゅたが、
ナイトが食べるのを見て、つつきだしました。積極的ではないものの、食べるのはいい傾向です。


問題は、昔ちょっとしたことがあり手や指がものすごく怖くなったそうで、飛んできて人間の肩の上でのほほんと過ごすのだけど、手や指にはほとんど乗らず。
ちゅたと同じで、自分でかごに入らないので、かごに入れるときには捕まえる必要があり、必ずナイトの嫌がる声が部屋に響き渡ります。
彼が人間の手を嫌がらなくなるのは来るのか。
(嫌がっていると、旅行中に車内放鳥できませんのでね)
posted by gorge13 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オカメインコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

ナイトが来て1週間が経ちました。

ナイトがうちに来て1週間。
うちはカゴの入り口を開けても出て来ないやつは、あえて出さないのですが、
ちゅたが、かわいがりをやられているのを見て、
自分もやられてみたいと思ったのでしょうか。
ある日急に自分からやってくるようになりました。

20131018_222938.jpg

20131020_212833.jpg

20131020_213418.jpg

これだけ手に慣れてくれればもう安心。
あとはせっかく大きな羽根を持っているのだから、力強い飛行を身に付けてもらい、
You Tubeに出れるように歌をたくさん覚えてくれるだけですな。

困ったのは、食べ物もペレットをたべなくなり、うちのエサに慣れてしまったこと。
これじゃ教育係じゃないやん。
posted by gorge13 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | オカメインコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。