2016年07月03日

ゴルジュハマらないゴルジュでハマらないための道具選び

シャワークライミングや泳ぎが連続するゴルジュ突破で、最も気をつけなくてはならないのは低体温症である。夏でも沢の水は非常に冷たく、冷水に浸かり続ける事により、少しづつ体温を失っていく。猛暑と騒がれる日でも、「ああ、汗がかきたい…」と思うのは日常茶飯事だ。体温が下がることによって、判断力の低下や行動不能を引き起こすこともある。以下、パーツごとに装備を分けて解説する。

【ウェア】
ウェットスーツの着用は欠かせない。溺れや低体温症の見地から、着用は常識としたいところである。ノースリーブ・半袖・長袖、半ズボン・長ズボンと様々な種類があるが、手足の自由度を考えると、半袖半ズボンのスプリング、長袖半ズボンのロングスリーブ、ノースリーブ半ズボンのジョンの3種類が良い。厚さは3mm厚が適当である。ゴルジュの場合、ひたすら泳ぎということは珍しく、高巻きや歩きが混じったりと、体温調節が忙しい場合もあるので、上下別売りのセパレートタイプがかなり使えるとも考えている。また、モンベルからベストタイプのものが発売されているが、着脱がしやすい反面、効果は限定される。なお、体にぴったりのものを使わなければ、効果も半減するので注意したい。
その他、水温によって、薄手のウェット素材のスーツやクロロファイバーの下着を着込んだりする。最近は金持ちが増えてきて、ファイントラック製品を身に着けているが、小生は体型が特殊なため、ファイントラックは着れないので、効果の程は分からない。
一番外側には、雨具を着込む。雨具は岩などに擦れてウェットスーツが破れないようにするのと同時に、冷たい水がどんどん新たにウェットスーツに触れるのを防ぐためでもある。これだと手足の関節の自由度をさほど奪うことなく最大限の保温効果を得ることができる。基本的に全身濡れ鼠になるので、ゴア雨具なんていらない。パドリングジャケットを着ている者もいるくらいだ。破れても惜しくない様なボロの雨具で構わないだろう。
ワークマン万歳! 土方ヤッケ万歳!
ただし、ものには限度があるので、100円ショップ雨具を「新時代のスケルトン雨具だぜ」なんて着続けないように。山行最後までもたない。

【ライフジャケット】
泳ぎ主体の沢では、浮力を必要とするため、足の浮かない水中での作業が多い場合には、着ていた方がよい。万が一、さらし場に引き込まれた場合でも、ライフジャケットを着ていれば助かる可能性が高い。またライフジャケット単独でもかなりの保温効果がある。白泡の通過などで引きずり込まれる事もあるので、ある程度の浮力があるものを使用したい。釣具屋などで売っている1000〜2000円の代物は当然浮力がないものが多く、購入時に注意が必要である。ただし、モンベルのライフジャケットは、どちらかというとカヌー向けなので、背中のパットが分厚いのでザックを背負いながらというわけにいかない。
昔は、どこかのメーカーで飛行機の救命救助用にあるような空気で膨らませるタイプが売っていたが、最近は発売されなくなってしまった。非常に残念。そう考えると、船の救命救急用のオレンジのライフジャケット(たぶん浮力7kg程度)がいいってことになるのか・・・。

積極的に水に入る様な行動を行う場合には、浮力がかなり大きいものを使用したい。本場フランスのキャニオニングでは、未知のゴルジュを下降する場合には、浮力14kgという代物を使う事もあるようだ。
数としては、特殊なケースを除き、パーティーで1~2個あれば十分である。

【ヒザ当て、スネ当てなど】
ゴルジュ突破では、ヒザを使った強引なずり上がりをはじめとする様々な技を使う。スネ当てをしていても、終わってみれば、スネは痛々しいくらいに赤く腫れ上がり、傷だらけになっていることも多い。そういう訳で、ヒザ当て、スネ当ては、体を保護するパットのような役割も果たすのであったほうがいい。スネ当てはネオプレーン製のものを使用しているが、ヒザ当てはバレーボールで使うヒザ当て(1000円くらい)を使うといいだろう。別にネオプレーン製にこだわる理由はない。
またグローブは、滝場、ヤブ漕ぎ、草付を登るときに、切り傷を負ってしまうかもしれ、また懸垂下降や確保の際に有効であるので、指先を切った軍手程度で良いので、ぜひ使用したい。

【水中眼鏡、シュノーケル】
水中のホールドを使うようなへつり・泳ぎは結構多く、水中ホールドの確認をするためにも泳ぎの沢では手放せないギアである。シャワークライミングの際にも非常に有効だ。
私は競泳用の水中眼鏡を愛用しているが、シュノーケリング用を愛用している人もいる。波立つ滝壷では抜群の突破力を示すだけでなく、顔にまともに瀑水を浴びながら著っクストン滝を登ったり、顔を水面につけながらショルダーしたりする時にもちゃんと息をしながら粘れるので、確実に突破力が高まる。
これとセットでつば付き帽子で瀑水の直撃を受けないようにするなどの工夫をしている人もいる。


posted by gorge13 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルジュ突破やろうぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。