2016年07月03日

魂に響くゴルジュ・険谷登攀レファレンス(その1:北海道)

以下のリストは、ゴルジュを中心とした国内の険谷の溯行記録を、これまで発表された範囲で紹介したものである。登ればそれなりにシビレさせてくれるであろう対象を選んだつもりだが、どれを選ぶかという線引きは難しく、メンバー内でも異論、反論は多かった。検討から発表までの時間も短く、まだ十分整理しきれていない所も多い。寛容な読者の皆さんには、当面のタタキ台として捉えて頂くことを期待している。
 我々の経験は乏しく、また地域的な偏りもあるので、多くの秀渓を見逃していると思う。建設的な意見、情報をお持ちの方は、遠慮なく編集部までお寄せ頂きたい。皆さんの力をお借りして、より精度の高いリストに仕上げられたらと思う。

 ゴルジュに分け入り、絶望的な側壁、通過不能としか見えない滝を前に、あなたは何を感じるだろう? 背筋がゾクゾクしてきたゴルジュ・ジャンキーも、またそうでない人も、溯行の経験を積み、クライミングの腕を磨いて、いつかこれらの谷々に挑戦して欲しい。不動川の感動も、剱沢大滝の絶望も、決して言葉では伝えることができないものなのだから。

注1. 2002年の時点でゴルジュ系の谷を中心とし、大滝は(多少は残ったが)意識的に省いた。
注2. まず木下が基本的なリストを作り、これに他のメンバーからの意見を求めた。予想通り収拾がつかなくなったが、何とか集約する形でまとめた。
注3. その後は、木下が独断と偏見で追加している。

(基本資料)
全国:「日本登山大系(全10巻)」(白水社)
北海道:「北海道の山と谷(上・下)」(北海道撮影社)
九州:「九州の沢と源流」(葦書房)
屋久島:「屋久島の山岳」(八重岳書房)

(索引)原則として表示は書名を表している。
山渓…山と渓谷、山仲…山と仲間、FN…フォールナンバー、CJ…クライミングジャーナル、岩雪…岩と雪、溯行…大阪わらじの会会報、わらじ…わらじの仲間年報、DOPPEL…八代ドッペル登高会会報、ALPINE…名古屋ACC年報、さゎわらし…石川労山遊谷倶楽部年報)

◇【北海道】
日高には函をいくつも持つような沢がゴロゴロしていて、完全溯行には困難を極めるものも多い。大雪、道南といった山域にも素晴らしい沢が報告されている。

【日高・歴舟川キムクシュベツ沢】
・日本百名谷
・北海道の登攀HP/紫陽花1(78 札幌中央勤労者山岳会)

【日高・ソエマツ岳南西面直登沢】
・日本の渓谷98/99
・岳人335
・岩雪71
・日本百名谷

【日高・札内川七の沢1807m峰直登沢】
・日本の渓谷97

【日高・シュンベツ川本流下部廊下(大函)】
・北大WV部OB会会報1997年度

【日高・シュンベツ川カムイエクウチカウシ沢左股直登沢】
・尺取虫2
・野良犬通信7

【大雪・忠別川左股・融雪沢(白雲沢)】
・あゆみ2(77 美唄岳友会)

●大雪・トムラウシ川本流
   日本百名谷
   山と渓谷724 [下降事故報告]
   未発表(97 乾飛鳥、日下出、岩花剛、新井英二郎)

●狩場山・須築川
   日本百名谷
   日本の渓谷96
   岳人649 など多数



posted by gorge13 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルジュ突破やろうぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。