2016年07月03日

魂に響くゴルジュ・険谷登攀レファレンス(その8:南アルプス)

北部には大武川水系等、登攀的なものが多い。南部の大井川には、倉沢・所ノ沢をはじめ険谷が多い。前衛にも、安倍川コンヤ沢、福士川などのゴルジュがある。まだまだ手強いものも眠っているのだ。

■北部■
○戸台川イワンヤ沢

DSC06812.JPG

DSC09353.JPG

DSC02139.JPG

○大武川赤石沢〜赤石沢奥壁
・山渓86.10
・日本の渓谷96

○大武川赤薙沢瀑流帯〜ミツクチ沢
・角幡唯介HP(00 角幡唯介・井上博登・丸中太郎)
・岳人482(86 小宮山稔 他)[ミツクチ沢]
・わらじ3
・わらじ16 
  赤薙沢瀑流帯は未だに完全突破はされていない?

27110011.JPG

27110014.JPG

○尾白川中流部
・きりぎりす8(02 木下徳彦・山田大介・太田幸介)[初下降] 
・岳人(04 佐藤裕介、木下徳彦)[初遡行] 

0410??????002.jpg


■南部■
○倉沢
・関東周辺の沢
・日本の渓谷98/99(98 三井貞彦、高野輝雄、竹内信行、中島節子)
・岳人624、
・山渓81.11
・わらじ20 他多数
  上倉沢出合手前のゴルジュはすでに突破されている。

DSC02054.JPG

DSC02074.JPG

○所ノ沢
・日本百名谷
・源流溯行3
・わらじ20
・未発表(2000 治田敬人 他)
・未発表(2005 木下徳彦・太田幸介)
  出だしのゴルジュ帯が核心。

DSC00231.JPG

2006年09月02日_IMGP0083.JPG

○栗代川
・日本百名谷
・関東周辺の沢
・岳人629 他多数
  栗代川の状況は毎年変わる。釜が埋まった時に行った人は不幸である。龍神の瀬戸の雰囲気は大ゴルジュそのもの。

○寸又峡下西河内
・下部と上部に見事な廊下をもつ。

○寸又峡大樽沢下部 

○信濃俣河内小沢
・未発表(92 成瀬陽一)

○諸河内

■南ア前衛■
○福士川本流
・山渓391
・山渓597
・野良犬通信5
・未発表(96 成瀬陽一)
・きりぎりす8(02 木下徳彦・山田大介・太田幸介)[核心部〜七ツ釜]
  本流上部の七ツ釜は、本格的エイドクライミング。コパーヘッド4〜5個、キャメロット5番2個は欲しい。

○安倍川コンヤ沢本谷
・岳人448(84 針場三世子・伊藤澄子・吉越文隆)
・山仲167
・わらじ21
  未だ完全溯行を許さぬ(?)、本山域屈指のゴルジュ。

コンヤ沢.JPG

○雨畑川ギョウザ

ギョウザ.JPG

○安倍川コンヤ沢ホーキ沢
・関東周辺の沢
・FN32
・源流溯行1 他多数

○戸中川東俣葵沢下部ゴルジュ
・岳人511(89 成瀬陽一)

○戸中川西俣本流
・未発表(87 成瀬陽一)

○厚血川ゴルジュ
・日本の渓谷96
  力量次第で遊べるおすすめ。


posted by gorge13 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルジュ突破やろうぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。