2012年07月06日

二口山塊・磐司沢〜東北のサムライが二刀流で挑む谷〜

東北の二口渓谷は冬になると二刀流のサムライが跋扈する。だが、ここには夏の沢登りも二刀流でこなすサムライがいる。冬はアックスを2本持っての二刀流だが、夏はジャンピングを2セット持っての二刀流なのだ。冬はフリーで、うまい人はノーテンションで登れるのだろうが、しかし、夏の二刀流はかなりかっこわるい。スタイルとしてもかなり問題がある。どうしてかっていうと、ジャンピングにタイオフして、あぶみのかけかえで登っていくからだ。昨今のフリー化と全く対極を行く。最初から最後まで土木工事に終始し、1つ1つの滝にドラマを全く感じない。えらく奮闘的なのは認めるが。しかし、沢登り史上、こんな登り方をして前進して行ったバカもおるまい。しかし、本当にボロい滝では、むやみやたらに残置していくよりも、まだマシなのではないだろうか?
今回、東北のサムライを1人発見した。彼の名は矢吹仁人。東北大の大学院生だ。今回の登攀で、このサムライは、私同様、脳味噌が若干膿んでいるらしいことが分かったが、なかなかの度胸のあるサムライとお見受けした。しかし若いと言うのは素晴らしい事だ。色々な事を試す事ができるのだから……。

二口山塊・名取川磐司沢
2003年7月5日
木下徳彦(28、JAC青年部/チーム84)
矢吹仁人(24、東北大学山岳部OB)

土曜日の早朝に仙台南ICそばで矢吹と待ち合わせる。やってきた車はなかなかのポンコツで、晴れているのにワイパーは動きっぱなしだ。いよいよ磐司に行くと言う事で、僕の曇った心を磨いてくれるようだ。そういえば、彼とロープを組むのは実は初めてだった。また1人、極道の道に引きずり込む事になろうとは……。少しばかり良心の呵責を感じる。
磐司沢の出合に車を止めて、簡単な身支度をする。彼がウェットスーツといって持ってきたのは、どうみてもスキーのジャンプスーツだ。さすがにガックリ来た。磐司岩の上から勝利のロープバンジーでもするつもりなのか? ジャンプスーツならうまい着地も可能かもしれない。
6時40分発。最初から、巨岩の中をボルダー的ムーブで登ったり降りたりしながら進んでいく。この辺りは非常楽しい所だ。滝の多くはナメ滝で、それなりに難しいものもある。途中1ケ所だけ左の草付から巻き、1時間後、いよいよ西磐司・東磐司に挟まれたゴルジュに入っていく事になる。
ところで、ここの岩は非常にボロい岩で、おそらく八ヶ岳よりもボロいので、ハーケンが全く効かない。おまけにリスもないので、持ってきたハーケンはただの重荷になってしまう。そこで主につかうのがワードホッグだ。こいつを岩に叩き込みながら前進するのだが、プロテクションとしてはとても信用出来るものではなく、主に前進用ギアとしての使用である。たった1つしか手に入らなかった過去の記録を見れば、コンクリート釘の連打で登っている。はっきり言って病気だ。
ゴルジュに入るといきなり15mCS滝が出てきた。久しぶりにヤバい登攀をすることになりそうで、ドキドキしている。ここは矢吹リード。出だし体を支えながらの2ポイントのワードホッグの人工の後、水流右のスラブに入り、1ポイントだけバットフック、そして1本だけ工事用ボルトを埋める。ここからフリーで登り、トイ状の流れの部分をうまいことバックアンドフットし(かなりランナウト)、最後は右壁にワードホッグを打ち込み人工。最初から全くヒヤヒヤもんだ。IV+、A1といったところ。

banji01.jpg

これを登っても、なんとまたえぐいCS滝8m。こいつもフリーで登る事は出来ず、水をドバドバかぶりながら、ショルダーの状態で穴を空けてもらい、ここを1ポイントのバットフック、さすがにノープロは危険なので、最上段に乗り込み、工事用ボルトを1本埋めて、後はフリー。
ここを上がると、なんとまた上にCS滝6mが!!こいつは右からフリーで登れたが、水流沿いだったら、さすがに悩んだ事だろう。
ここから谷は左に曲がり、さらに大きな滝をかけて、右に曲がっている。ここからは木下リード。最初の5m滝も中々手強く、ワードホッグを叩き込み、1ポイントの人工が入る。目の前には25mくらいの直瀑。普通の感覚では、これは登らないだろう。なんかやる気が出ないが、まだ時間は11時前。帰る理由にもならないのでとりあえず取り付いてみる。
最初は水流の真下をフリー。これが水がすごく多いので、なかなか苦戦する。ここで落ちたらグランドフォールだ−と思いながら10m近くノーピンで登り、工事用ボルトを1本埋める。ここから上部の傾斜が緩くなる所までずっと人工。手持ちのボルトが少なく、最上段に乗って、さらに工事用ボルトを差し込むだけで前進(打ってないので当然回収)。中間部からは、ボルト穴をあけようとしても、岩がボロボロ崩れる始末。ここで落ちたら致命的だと思いながら、ワードホッグを打って前進。決まっている感じもなく、「すげーこえーよー」と泣き言を言ってみるが、下の矢吹は気付いてくれない(知らないフリをしている?)。結果、こいつで6連発。たぶん1本外れたら、立て続けに最後に打ったボルトまで全部吹っ飛び、最大15m近くのフォールは間違いなかった。
最後は、これ以上確実なプロテクション取らないのはマズイと言う所に、工事用ボルトを1本だけ打ち(こいつはフォローが触れたらあっさり抜け落ちた)、残りはフリー。このピッチだけでフォローも入れて3時間かかった。すでにハンマーの振り過ぎで、左手首は痛いし、シャワーを浴び続けての人工で疲労困ぱいだ。しかし、これだけ早く登れたのも、矢吹が持ってきたヨセミテハンマーのおかげだろう。そういえばこの滝はV級、A2程度はあった。20m滝とは大ウソ。もっとでかい。
滝を登ってみたものは……なんと50m近くはあろうかという滝。おまけに下部はほとんど垂直に近い傾斜。フォローしてきた矢吹も、「なんですか?これは。こいつはオレ的には登らない滝ですねぇ。木下さん、いつもこんなヤバいとこ登っているの?」もちろん、そんなことはないのだが、ちょっとこれはヤバいというかヤバすぎ。
しかし、まだ13時30分。帰る理由もない。なんとか18時までには登れるかも。百名谷の記事の写真とは大違いの水量で真ん中が全部水の中。まったくやる気が起きない。ここまで3時間近いシャワークライミングでバテバテの木下に代わり、矢吹リード。水流の左からかなりきついシャワーを浴びながら取り付く。しかし、気合を入れなおした矢吹は、なかなかイイペースで登っていく。「これ、結構なんとかなりそうですねぇ」とか言いながら、最初の6mをバランスクライムし、スカイフックにあぶみをひっかけて、こいつの最上段に乗り込んだ状態で、まず1本目のボルト。で、ここから彼はすごいのだが、2本あったジャンピングを駆使し、1本打ち込んでは、こいつにスリングをタイオフし、アブミをかけて、ジワジワと最上段に乗り込み、次の穴をあけていく。手持ちのボルトも本当に少ないので、次のピンを打つまでに最低3回の架け替えはしなくてはならないのだ(こうしているのは岩がボロいのでバットフックでは外れる危険性がある為)。

banji04.jpg

わずか2~3分程であいてしまうボロさで、もちろんリスなんかもないので、ハーケンは全く使えない。こうした悪条件でかつシャワークライムだと、疲労も激しく、大体1時間に15m程度伸ばすのが精一杯だ。もちろん、残置なんか1本もないし。2時間が過ぎ、中間部に差し掛かった時、RCCボルトを1本見つけ、雄叫びをあげる。
ボルトの間隔も段々と遠くなり、6ピンくらいは平気で掛けかえる有様。全く彼のセルフコントロールの能力には頭が下がるばかりだ。
残り10m強となった時、ロープが水を吸いロープをあげるのが非常に苦しくなる。ジャンピングも1本落とし(上から降ってきた!)、疲労困ぱいの様子。ロープもあげるのもしんどく、ここで右手の小テラスにボルトを打ち、ピッチをきる。
この時点で午後5時半。よく1人で4時間近くもリードしたなぁ。しかし、日帰りの計画なので、上を回って帰ったら、楽に日付が変わってしまいそうだ。この辺りは携帯も入らず、それこそ遭難騒ぎをおこしかねない。あと10mちょっとなんだけどなー、と非常に悔しいがここから下降する事にした。
しかし、帰りの懸垂も大変。水を吸ったロープは引っ張っても抜けず、ユマールを噛ませて2人がかりで引っ張るありさま。これで抜けなかったら本当にヤバいとかいいながら。なんとか外せたが、本当にヒヤヒヤだった。
これ以後の滝はすべて回収に苦労し、ゴルジュ入口の15mCS滝だけは、ここでロープが抜けないと本当に大変なので、カラビナを残置して懸垂。
ここでほとんど真っ暗になり、あとはヘッドランプの灯りを頼りに、なんとか懸垂を交えて慎重に戻り、車に戻ったのは夜8時を回っていた。
フロにも入らず、ヨレヨレで仙台まで車で戻るが、東京に戻って、あとでギアの確認をすると、アブミやタイオフスリングなど、いろんなものを落としていたのだった。おまけにハンマーの振り過ぎで腱鞘炎にはなるし、シャワーの浴びすぎで、風邪ひいてしもうた。

こうして僕らの愚かな挑戦は終わった。でも、こんなこえーところたぶんもー行かねーぞ。
posted by gorge13 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 登攀記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

穂高・下又白谷〜静かに眠る穂高の大ゴルジュ〜

 穂高に下又白谷という大ゴルジュが眠っている。「断想 下又白谷」、この記事を目にしたのは今から4年前の事だ。山岳巡礼倶楽部の赤沼正史氏の記事と共にカラーで掲載されたその写真は、非常に刺激的な写真だった。上に吹き上げる滝の真横をネイリングする姿やU字形の滝の横をユマーリングする姿は、それ以来僕の心にインプットされた。僕を下又白のとりこにするには十分すぎた。

上高地に降り立つと、もう秋真只中だった。ここで京都から来た野村さんと待ち合わせをする。とにかく寒い。

shimomatajiro02.jpg
狭いラントクルフトの間を抜ける

明神から対岸の林道をのんびりと歩き、下又白谷へ入る。しばらく涸沢を登って行くと、伏流していた水流が再び現れ、大きな壁が現れた。9月になっても膨大に残る雪渓はとても信じられない。最奥には万年雪の城塞に囲まれた鉄のF1が控えている。
雪渓のどん詰まりから、木の棒を埋めて、シュルントに懸垂。頭上に被いかぶさる雪渓を気にしながらラントクルフトをトラバース。下を見れば、真っ暗な闇が口を開いていた。鉄のF1はとても登れるものではなく、左岸から入るルンゼを4ピッチで登る。

続く銅のF2。ホールドがガタガタ動く非常に恐ろしいカンテを2ピッチ。両側の壁は城塞のように立ちはだかり、正面突破しかあり得ない。落石が襲い、僕らは右往左往する。銀のF3も大変だ。あの写真で見たU字型の流水溝から上に吹き上がるのも健在だ。2ピッチ分をネイリングすれば、もう夕方になっていた。
翌日早朝から、金のF4の左壁を登る。2ピッチ目、37年前の初登攀の時には生えていなかっただろう灌木を使って苦しいエイドをすれば、終わりももうすぐだ。ピトンが足りずにランナウト気味の最終ピッチは、傾斜が緩いながらもとってもすばらしいピッチだった。

振り返れば徳沢園が見える。最後のF5を簡単に越えてしまえば、1時間半ほどガレ場を右に右にと登り続けると茶臼のコルで、奥又白は目と鼻の先だった。秋色に染まった穂高の山々を眺めながらの下山となった。
想いとはうらはらに結構あっさり登れたが、得てしてそういうことはよくあることだ。しかし、内容自体はすばらしい。F3上の河原で明かした焚き火の夜は、辺りの山々を微かに照らし、決して写真では表現できない幻想的な光景を醸し出していた。

穂高・下又白谷
2002年9月21日〜22日 
木下徳彦、野村勝美(無所属)、西田重人(山岳同人「黒部童子」)
posted by gorge13 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 登攀記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする