2012年07月06日

後立山・白岳東面第2稜

五竜の山並の向こうに太陽が沈んでいく。遠見尾根が橙色に染まっている。山頂はあまりに遠かった。
G7の帰りに受けたあの衝撃だけは絶対に忘れることはできなかった。荒沢尾根を髣髴とさせる巨大なキノコ群、そして所々に見え隠れするいかにも悪そうなミックス壁。その絶望的な姿に「恋」をしてしまった。そして連続の五竜通い。しかし、1ヶ月に3度も五竜に通うほど恋焦がれているやつはいないようだ。なかなかパートナーが捕まらず、とっかえひっかえになる。特に第2尾根は連休直前ということもあり、メンバーを集めることに相当の困難を伴った。

4月23日
強風のためテレキャビンが運休。平川谷の林道終点から登ることを考えていなかったこともあり、昼までフテ寝してしまう。あとで気がついたがアホだった。さっさと見切りをつけて平川谷から取り付くべきだった。結局、昼ごろになっての平川谷経由での入山となる。
最初は快適だった林道歩きも、渡渉、そして堰堤を越えてから先は、金曜日に降った雪に苦しめられ、第2尾根の取付に辿り付いた時には3時間が経過していた。おまけに天気も悪く、風も非常に強い。この状態でツェルトビバークはかなりつらいだろう。そう考えて、取付でビバークし、翌日のアタックに備えて、トレースをつける作戦に変更。
この日はさらに1時間半ラッセルを頑張り、1900m地点までトレースをつける。例の如く、シュルントを利用したテントサイトは快適である。

4月24日
寝る前に出ていた満点の星空は消えていた。しかし、風はなく、それなりに快適な登攀日和となりそうだ。しかし、快適と感じたのはトレースをつけたところまでで、そこからロープを出す水平リッジの終了点まで標高差わずか100mに2時間半もかかる。核心部を登り始めたのは、敗退が頭の中をちらつき始めた7時半を過ぎていた。眼前に広がるきのこの1つ1つはいつになく巨大に見える。

shiratake201.jpg
バックの山々に朝日が当たりはじめた

1ピッチ目、正面のきのこには正面突破を挑まず、左のルンゼを40m伸ばし、きのこの付け根でビレイ。
2ピッチ目、きのこのつなぎ目から登り、2つ目のきのこには、スリングアブミまで使って強引に突破。上がってみれば、巨大きのこがこの先、どこまでも続いている。とても全部越えられそうにない。稜線が極めて細くなったところでビレイする。
3ピッチ目、正面のきのこ崩しを嫌がり、きのこの左側を回り込む作戦に変更する。ロープいっぱい伸ばすと、左下から上がってくる広いルンゼに入った。
4ピッチ目、広いルンゼを登る選択肢もあるが、きのこ崩しをしに来ているので、ブッシュを腕力登攀の後、苦しいきのこ登り。稜線に出るとナイフリッジだった。リッジを慎重に登って、2段キノコの下へ。
5ピッチ目、でだしをスコップで切り崩して一段上がると、巨大きのこの下には快適なバンドが広がっていた。左に回りこむと、広いルンゼに合流する。ここからきのこの上に出るのも可能だが、ルンゼの先には簡単に稜線に上がれるところもありそうだ。結局、ルンゼをつめて、稜線直下まで。
6ピッチ目、右に回りこみ、きのこの上に乗り込んで岩稜まで。所々に開いているヒドンクレバスのような隙間が恐ろしい。おまけに下がえらくえぐれた水平キノコリッジで精神的にしびれる。だが、50m歩いても、ビレイ点に出来そうな場所がない。こいつは困った。先は岩稜にナイフリッジと、状況は悪くなる一方だ。しかし、神は見捨ててはいなかった…。神頼みっぽく岩稜の付け根を掘り起こすと、なんとブッシュ発見。ろくなプロテクションがないまま、目の前のナイフリッジをコンテで行くのは恐ろしいと思っていたので、すかさずビレイを取る。
7ピッチ、出だしのナイフリッジは実はスカスカ。踏みつけると、ただでさえ細いリッジに亀裂が入り、一部が音もなく、空中に消えていく。なんとか耐え、スコップを使って水平リッジにあがり、最も安定したところでビレイ。
次の8ピッチ目を見るが、正面の2段巨大キノコの存在が憂鬱だ。とても登れるように見えない。水平リッジを歩き、巨大キノコの付け根までロープを伸ばす。きのこ崩しを嫌がり、一旦左の谷筋に降りたら、登りかえすのに非常に労力を使うことになった。
狙うは巨大キノコの右下をすり抜け、次の巨大キノコに強引にあがるか? それとも、右に一度懸垂し、雪崩れそうなルンゼを登り、右から合流する支稜に上がるか? 前者は神がかり的な登路が残されているが、2つ目はどうにも越えられそうに見えない。一方、ルンゼも安易かもしれないが、いかにも雪崩れそうな上に、先の保証は全くされていない。結局、後者を選んだ僕らは15mの懸垂をして、苦しいルンゼのラッセル60mで支稜に上がる。

shiratake203.jpg
ものすごくでかいキノコ。さすがにこれは越えられない。

10ピッチ目、正面の巨大きのこを右から回り込んで、斜面を登って行く。しかし、快適とはほど遠く、胸まで埋まる軟雪でもがいているというのが正しい表現か? はっきり言って、この状況で雪崩れないのが不思議だ。おまけに、この状況でロープをつけるのは意味がないので外してしまう。途中、杉本さんとトップを変わり、岩稜の始まりまで、ひたすら塹壕堀り。ロープスケールで2ピッチ伸ばすのに2時間近くかかる。最後はかなり傾斜も強い。
そして11ピッチ目、岩稜の取り付きの細いブッシュにビレイを取り、杉本さんが雪に埋まった岩を掘り返しながら、急な岩稜を登って行く。10m登ってからリッジを右にまたぐと、草付が広がっており、ダブルアックス交じりでさらに15m。草付の終わり辺りが一番傾斜がきつく怖い。ここが終わると、ひたすら頂上に向けて雪壁登り。雪は幾分締まってきたように感じる。ロープが足りず、最後はコンテ。
核心は越えたようだ。12〜14ピッチ目の3ピッチで、所々に亀裂が隠れた急な雪壁から美しいスノーリッジ、そして頂上稜線の平坦地へ。緩いリッジを登ってほどなくすると、遠見尾根に合流した。
 五竜の山並の向こうに太陽が沈んでいく。遠見尾根が橙色に染まっている。遠見尾根にはトレースは全くない。こんな状況を誰が予想しただろうか? 幸いにしてラッセルは厳しくなく、30分ほどで大遠見へ。大遠見から支稜を降り、そのまま沢筋を下降。日も暮れはじめた6時過ぎデポ地点にたどり着いた。
行きにも通った堰堤で真っ暗になり、この先、ヘッデンをつけて林道を歩く。杉本さんはほっとしたのかバテ気味だ。これまでこういう山をやってこなかったわけだから、無理もないだろう。東側から満月が現れた。月に照らされながら、考え事をして歩いていると、程なくして林道途中の車に辿りついた。20時半。さすがに疲れた。やはり後立は甘くない。
 
[山行DATA]
2005年4月23日〜24日
木下徳彦、杉本陽子 (チーム84)

04/23[晴のち曇] 
平川谷林道終点(1200)→第2尾根取付(1520-50)→1900m往復後TS(1730)

04/24[晴] 
TS(0410)→稜線(1620)→大遠見(1700)→TS(1815-30)→平川谷林道終点(2040)


posted by gorge13 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 登攀記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

大峰・前鬼川不動七重ノ滝

zenki01.jpg紀伊半島とはいえ、この時期の水はまだ冷たい。正直水に濡れる山行は、気持ちの上で厳しい。しかし、今回の対象は、大峰一の豪瀑 として知られる不動七重ノ滝。梅雨時にやっちゃっていいのか? 岩崎さんの写真にあったF5の白濁した釜に体が吸い込まれる姿が頭に浮かぶ。一体誰が言いだしっぺなんだ? 正直気乗りはしないが、言いだしっぺの人は自信があって行くのだから、F5をやってくれるのだろう。

前夜、関駅で拾われ、よく分からないまま車上の人となる。榛原駅を経由し、車は真夜中の紀伊半島をひた走る。後部座席で半分メトロノーム状態で眠り、気がつけば、池原ダムの下のキャンプ場だった。マットすらまともに持ってきていないので、まともに寝られず睡眠不足のまま朝を迎える。
翌朝、不動七重滝展望台で身支度をし、少し下流に戻った林道から本流に向かって下降。コンクリ製の朽ちた橋をくぐると本流の河原。2条3m滝の釜を泳ぎ、F1の釜へ。幸いにして水量は少なそうだ。
榎本さんの泳ぎで取付まで移動し、彼のリードでそのまま始まる。1ピッチ目、トラバース部分は微妙な手で、榎本さんはいきなりドボンする。少しへつって壁に取り付く。緩い傾斜で始まったフェースを登り、中間部の傾斜がきつくなるところに残置ボルトでランナーを取る。さてここからが本番。ボルダリング的ムーブで核心の1手をこなし、上半部へ。
上部も取り付きが微妙そう。なんとか登り、少し右へトラバースしてから、カンテ状を登る。フラットソールを履けばこんなにも苦労しなかったのに・・・。
このあと、F1落ち口をトラバースするが、ヌメヌメしていてフラットソールを履いた自分は、いきなりすべって流され、お助け紐でピックアップ。恐ろしい。
3ピッチ目、やっと自分の番。出だし右壁を水流側へ斜上し、その後直上。F3、F4もリンクし、45m伸ばして、F5の釜そばまで。
4ピッチ目、引き続き自分がロープを伸ばす。冴えない草付と甘く見るが、実は結構いやらしく、おまけに岩もポロポロはがれ、ピンが取れない。やっとこさとったピンのランナーが短く、引っ張ってもなかなか動かない。そんな中草付バンドへのマントリング連発。おそろしいやないか。
いきなり踏みあとに合流後、F5右に広がる大テラスに向かって降りる。
5ピッチ目は林さんの番。しかし、ルートと思われる凹角は水の中の上に出だしは被り気味だ。こんな中登る気にもならず、その少し右の微妙なフェースにルートを伸ばすが、これが相当に悪かったらしく、非常に時間がかかる。しまいにはラープまで動員してなんとかフリーで抜けて行ったが、正直、下から見ていてビビったが、ここは途中から気合入れて左上だろう。たぶん。
さて、ここからの6ピッチ目は自分の番。出だし1手の人工から、フリーで薄被りのフェースの下へ。エイリアン黄色をセットし、再び1手人工。
zenki02.jpg<クラック沿いにフリーで凹角の下へ。人工を交じえたフリーで抜ける。思っていたよりも手持ちのカラビナが足りない。カラビナが足りないから、意識的にカムを間引く。クラックの抜け口は、レイバック気味に抜けれそうだが、なんとかジャミングで抜ける。キャメ4番があればA0も可能だろう。ここを抜け、右に広がる傾斜の強いフェースへ。出だしに錆びたボルトが2本あるが、たぶん1本はもうそろそろ抜けるんじゃないか? このあとは、ランナウトにおびえながら、一気にピンも取らずに落ち口までスラブのフリー。1時間くらいだと思うが、なかなか楽しいトリップだった。
FIXだけして、落ち口で寝っ転がっていると、遠くに見える展望台から人が手を振っている。
ところが待てども待てどもやってこない。時間はどんどん過ぎ、下山時刻が気になってくる。1時間が過ぎてやっとやってきた。
 時間はない。すぐさま、榎本さんが20mほど泳いで、緩いスラブを駆け上がり、落ち口でビレイ。この先の滝は、両岸ツルツルで登れそうにない。ここを榎本さんが気合のフリーで抜ける。頼みのボルトはリング崩壊どころかピンすら飛んでなくなっている状態。ものすごく往生するが、ロストアローと軟鉄の重ね打ち(タイオフ)でランナーを取り、こいつをそーっと踏みつけて一段上がり、その後の際どいフリーもなんとか突破し、ブッシュ帯へ。
zenki03.jpg核心部は抜けた。あとは、訪れる闇とのおいかけっこだ。
おまけの3m滝は近藤さんが泳ぎ、寒いからロープで引っ張ってもらう。あー極楽。そして、最後の5m滝は釜を泳いで、左側に取り付き、ショルダーと強引なごぼう登りでクリア。5m滝の先には林道が左に見える。暗くなる寸前に林道にたどり着いた。10分ほどの歩きで車に戻る。

 大峰一の豪瀑であり、ものすごい達成感があるが、いつものような充実感はそれほどない。それは体力の続く限り全力を出し切ったという山行では決してなかったせいだろうか? おそらく、もうこの滝を登る事はしないだろう。それはさらなる充実感を与えてくれる大滝があるだろうから。


[山行DATA]
木下徳彦(チーム84)、林正規、榎本成志、近藤恭啓(名古屋ACC)

2005年6月18日
前鬼川林道展望台(0735)→前鬼川本流(0750)→F1取付(0815-45)→F5落口(1750)→林道(1910)→展望台(1920)
posted by gorge13 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 登攀記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。