2016年07月03日

Water Climbing虎の巻〜知らないと損する水の流れの読み・水泳〜

Water Climbing を志すものにとって、泳ぎというのは避けて通れない道であることは間違いない。そこで、Water Climbingにおける水泳術を私見でウンチクしてみることにする。一般には、以下の5点が一般の水泳と明らかに違う点である。

・プールよりも確実に水温が低い。
・水流が強いので、負けないように泳ぐ必要がある(利用して泳ぐ場合もあり)。
・泳ぐ距離は短いものの、上陸に際して時間がかかるなど長時間水に浸かることが考えられる。
・低体温症などに対するケアが必要である(着衣水泳となる)。
・ザックを浮袋に使える。


【水の流れを読む】
 一口に泳ぐといっても沢の泳ぎはプールの泳ぎとは異なる。沢の泳ぎが難しいのは、流れのある水をいかに読みきって泳ぐかという点にある。沢の泳ぎの上手い下手というのは、単に水泳の技術だけではなく、水の流れをよく理解しているかどうかにもよるのだ。経験を積み重ねると、流れを読み、効果的かつ安全な泳ぎの技術を身につけることができる。こうした経験を積むことによって水の流れを判断することを、「流れを読む」といいう。このような能力は一朝一夕では身につかず、泳ぎの沢に行く度に注意深く流れを観察し、身をもって流れを感じ、時には痛い目にあって身につけていくものではある。とはいえある程度のセオリーはあるので私見ではあるが参考にしてみてほしい。

(1)流れの観察する
 釜や淵の形状や流れこむ滝の形状、水量などの色々な要素によって、様々な種類の流れが生じる。そのなかには遡行の邪魔をしたり、場合によっては遡行者を溺死させようとする危険な流れもまれに存在する。一方で、流れを上手く利用することで突破が容易になったりもする。やみくもに流れに突っ込むのではなく、まずはよく観察する必要があるだろう。水面上の流れだけが全てではない。縦方向に回転する流れは時として遡行者を水面下に引きずりこんだりする。あるいは水面下のハング下に潜れば流心を避けて突破できるかもしれない。シュノーケルや水中メガネを使って水の中をじっくり観察したい。二次元で流れをとらえるのではなく三次元で流れをとらえるのだ。慣れれば水面上の起伏や色の濃淡や流れを見るだけで水面下の状況をある程度推理出来るようにもなるが、百聞は一見にしかず。木の葉や空気の泡の動きをじっくり見よう。木切れを投げこんでみるのも一つの方法である。

(2)淵の突破
 滝などの落差のない流れは殆どが二次元の流れを読むだけでことたりるが、底に大岩があったり側壁に水流がぶつかる時などには三次元の動きもでてくる。水面が盛り上がっている箇所には底に岩がある可能性がある。場合によってはそこに立つ(レストポイント)ことができるかもしれない。淵の突破で重要なのは流心をいかに避けるかということと、澱みや逆に上流側に流れる反転水流をいかに上手く利用するかにかかっている。とにかく流れを良く見ることである。一般的には流れの中心、カーブしている場合には流れのアウトコースよりに流心が存在する。流れの両側、カーブしている場合には流れのインコース側に澱みもしくは上流に流れる反転水流が存在している可能性が高い。基本的にはこの澱みや反転水流の部分を上流側に泳ぎ、必要に応じて側壁を蹴ったりして流心をすばやく横切ることで弱点を繋げて行く。反転水流は流心が壁にぶつかる部分の上流側に生じることが多い。反転水流に乗るためには対岸の澱みを少し上流側に泳ぎ、流されながら流心を一気に突っ切るのがセオリーである。急流ではただ泳ぐだけでなく八ツ目ウナギ泳法を併用する必要があるし、ホールドの少ない部分から上陸する場合も多いので水面下のホールドを見つけやすいように水中メガネをつけていくとかなり楽になる。また、ライフジャケット・シュノーケルを活用すると泳ぐことに専念できるので突破力が増すだろう。流れの突破だけを考えるならば足ヒレも有効だろう。

(3)釜の突破
 落差を持った滝の流れこむ釜では滝の形状、水量、釜の地形などにより、複雑な流れが生じる。空中を落下する水には空気が混入され、落水点で周囲の水を巻きこみながら水面下に潜る。空気混入した白い泡状の水は比重が小さい為に浮き上がろうとし、釜の中でボイル(沸き上がる水流)を発生させる。ボイルは一般的に白く盛りあがったスポットでここから放射状に流れが広がっているのが一般的である。ボイルと落水点の間は白泡に巻かれる為、比重の重い遡行者の体は沈んで息が出来ないことが多く、水の抵抗が少ない為、泳ぐことも難しくなる。水面上においてボイルから落水点に向かう流れが存在する為、単純に下流に脱出するのが難しくなることがある。ここは一般にサラシ場といわれる危険地帯だが、流心を渡るためにはあえて突っ込むこともある。ボイルからの逆流(バックウォッシュ)が脱出不能の致命的な流れでない場合は下流に流されないで済む弱点になるからである。流心を渡りたいときにはボイルを越えるような気持ちで水に飛びこめばすんなり対岸に渡れたりする。
 ボイルから下流側には釜の形状によって違いは生じるが、「淵の突破」の項で述べた流心と反転水流が存在する。縦に長い釜の性質は淵とほとんど変わらない。円形に近い釜はボイルからほぼ放射状に流れが広がっていることもある。円形の釜で水面下が掘れているようなケースではあまり側壁に近づきすぎると下に潜る流れがあったりして苦しくなることもあるが、流れが散らばっている点で突破はしやすくなる。折れ曲がった釜を持つ滝では、落水直下やサラシ場をトラバースしないと上陸できないケースもある。いずれにせよ突破のセオリーは淵の時と同様、流心を避けながら澱みや反転水流などの弱点をつないで、一般的な上陸点である落水点直下を目指す。淵の場合よりも弱点がハッキリしている場合が多いのでアプローチはしやすいと思う。
 落水点直下付近ではサラシ場に向かう水勢が強くなるので注意が肝心である。万が一吸いこまれそうになったら、下流側に身を蹴り出せばボイルから側壁側に吹き出す水流にはじかれて、少し下流の澱みに脱出できることが多い。落水点の裏にスペースがあるなら思いきって滝の裏側に張りついてしまうのも一手ではある。水の中に潜ってしまえば、滝の裏をトラバースできる可能性もある。このあたりは滝の形状によってケースバイケースなので、水面下を良く観察したい。
 釜の中には稀にとびきり危険な罠もあるので、それを見抜く目を持つように努力したい。危険なのは脱出できない流れが存在するケースである。滝の落差や釜の大きさはほとんど関係なく、水量と滝・釜の形状がポイントである。ボイルの上流側から下流側に脱出できないような流れの釜は危険である。釜の広さ一杯に斜めに大水量の滝が流れこんでいるケースなどが代表例である。釜の幅一杯にボイルした水流が上流に流れるため、サラシ場から脱出する道は水底を這って行く位しかない。釜に飛びこむ前に頭の中でいざという時の脱出路を計算しておきたい。ビレイヤーにロープで引きずり出してもらうのも一手であるが、水流が強い場合、引きずり出せないこともあるのでロープに頼りきるのは非常に危険である。

【泳ぎ方のコツ】
 出来る限り力を温存して泳ぐ事が大事である。着衣水泳では、自分が考えている様に、長距離を全力で泳ぐのは難しい。へつりを交えたり出来る所では、泳いでいないことも多い。流れの緩い場所では、平泳ぎが多く、流れが早くなってきたら、クロールに切り替える。多くの場合は、ずっと泳ぎのみで前進するのではなく、水中のホールドを利用したり、狭いゴルジュでは側壁を蹴り込みなどの複合技術である。サラシ場の通過やチョックストン滝などの滝裏に突っ込む時には、全力クロールとなる。
 ギリギリまで陸上でへつってからドボンというのは、思ったほど効果的な技ではない。流芯を飛び越えたり、流れが早すぎる場合でなければ、最初から泳いだ方が楽である。また、あまり金物をガチャガチャと身につけすぎると泳ぎにくく、かなり辛い事があるので、滝の形状に合わせてギアを選んでから突っ込んだ方が良い。身を軽くして泳ぐのもひとつの戦法である。ヘルメットの装着はケースバイケースである。

 泳ぐ前には、出来る限り体から引っ掛かる様なものを外す努力をしたい。釜の中で他のギアと絡まって抜け出せなくなると命にかかわる一大事だし、首からスリングが外れて流れてしまうのを防ぐためでもある。


posted by gorge13 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルジュ突破やろうぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルジュ突破テクニック

 ここでは、何処にでも出ていそうな基本的なテクニックは他の本を見てもらうことにして、ゴルジュをすばやく安全に抜けるために必要なテクニック・裏技を中心に解説したい。ゴルジュ突破にはフリークライミングも大事だが、それ以上に、いかに水とお友達になれるか、プロテクションを確実にセット出来るかが成否の分かれ目となる。

【チョックストン滝の攻略法】
滝の裏側に潜り込める事が多く、いかにして瀑水を突破して裏側に潜り込むかがポイントになる。瀑水に突っ込む形になるので、ライフジャケットを装着しておいた方がいいだろう。側壁をへつっていって、最後は一気に側壁を蹴って流芯を越えて、チョックストン滝の裏側まで全力で泳ぐ形が多いかと思われる。潜り込んでしまえば、カムを使った人工登攀や突っ張りで突破が可能な事が多い。ただし、太い流れが収束しているチョックストン滝の瀑心は、引きずり込まれると、出られなくなるものもあり、注意が必要である。

【直瀑の攻略法】
 この手の滝は、豪快なものが多い割には、割合と突破しやすいものが多い。瀑水の直下に行って、巻き込まれる事がないように、釜をへつって、滝の側壁に取付けば良い。

【斜瀑の攻略法】
 この手の滝には、チョックストン滝以上にやっかいなものが多い。緩くトヨ状に釜に入り込んでいるものには、釜の中で複雑な巻き返しが起きて、釜全体が白く泡立っているもの、そして渦を巻いたりしているものもある。黒薙川北又谷の大釜での溺死事故をはじめ、事故が最も多いのがこの種類である。巻き返しの流れに乗って、壁に張り付いたりするが、壁のはりつきに失敗した場合は、渦に巻き込まれてしまうと、命を落としかねない場合もあるので、十分に注意した方が良いだろう。
 
【アグレッシブテスト】
 落ちたところが滝壷ならまだましというものだが、岩盤だったりしたら、それこそひとたまりもない。滝の登攀は常にルートの1ピッチ目を登るようなものだ。そういうわけで1つ1つの支点は、強度の面で信用できるものでなくてはならない。決めた支点は、トリッキーな場合ならともかく、なるべくきちんとテストし、墜落距離の事を頭に入れて登りたい。
・次の支点をセットしたら、そこに1個のデイジーチェーン付きのあぶみをクリップする。
・あぶみの最下段に足をかけて静荷重をかけてみる。ここで落ちても、デイジーチェーンと体がつながっているので、下の支点にいるときと対して変わりがないから問題ない。
・`問題なさそうだったら、ダイナミックにあぶみの上で跳ねてみたりする。
・大丈夫だったら乗り込んで、次の支点をセット。
 もしテストで外れても、あまり落胆せずにもう一度打ち込めばいい。なお、テストをやってはいけないのは、スカイフックに乗り込んでいるとき、体重しか支えていないことがあからさまに分かるような場合である。
 なお、残置支点は、ゴルジュの中という特殊性のため、著しく腐食したり、流水で吹っ飛んだりしているものも意外と多い。使用する際は、残置支点が信頼のおけるものであるかどうか、きちんとチェックしてから使うこと。

【ユマーリング】
 ユマーリングの出来不出来が、突破出来るかどうかを左右してしまうほどの大事な技術である。特にチョックストン滝は、瀑水を被りながらの空中ユマーリングを強いられる事もあり、濡れた体の重さもあって、非常に苦しい。
 また斜め方向・トラバースのユマーリングも多い。正面突破が難しいゴルジュ内の滝の登攀では、側壁を攀じる事は頻繁にあり、また、トラバースが混じる場面も多い。ユマーリングの最中に振られると、壁と違って、それは時として水流の真下に落ちてしまったり、最悪、渦巻く釜や激流にドボンして溺れることも考えられる。そういう可能性のある時は、ユマーリングをやめて素直にフォローしたほうがいいだろう。ただし水に浸かったザックは重たいこと間違いないので、バックロープで荷上げをしてもらってから、空身で登ったほうがいい。
 なお、ユマーリングの際には末端の処理だけは注意したい。ロープの余りをそのままにして水の中でぶらぶらさせていたりすると、水の中で引っ掛かる可能性もあるので勧められない。横着した時に限ってロクなことがない。

【オポジション・バックアンドフット】
 チョックストンの乗っ越しや幅2m程度のトイ状ゴルジュで使う技。股を開いて登ったり、背中を壁に押し付けてチムニー状のところを登ったりするのは、狭いゴルジュの中では比較的多い。ジャミングなんかもよく使うテクニックである。ゴルジュの幅が狭く、ホワイトウォーターとなって流れ出しているような場合は、両手を片側の壁に、両足をもう片方の壁に押し付け、突っ張った状態でトイ状の流れから這い上がることも可能である。腹筋を使う疲れる技だが、根性さえあれば両手両足で突っ張ったまま水に触れることなく30m位の移動は可能だ。

【ショルダー】
 1〜2mの段差であれば、滝を人工登攀などで登るよりもショルダーで越えて、引っぱり上げてもらう方が時間もギアも使わずに楽に対処できる。練習と踏み台となる人間の筋力次第で、下の人間があぶみに乗った状態でショルダーしたり、チョックストンの隙間やチムニーの中でバックアンドフットを決めた状態で、さらに人が乗り込むというE難度テクも出来るようになる(人間脚立という・岳人615号参照)。

【泳ぎながらハーケンを決める】
 よほど水流が強い場合ならともかくとして、体勢保持程度だったら指の1-2本が壁に引っ掛かる程度でなんとかなる。苦しくてもその状態で耐えて、ハーケンが打ち込めそうなリスを見つけたら、すかさずハーケンを溝に突っ込む。体が流されない程度の流れなら、なんとかなるはずだ。差し込んだハーケンを叩いても大丈夫な様だったら、そのまま叩き込んでしまい、すぐに次の支点をセットする。同様に泳ぎながらカム・ナッツを決めたりすることもある。片手でセット出来るギア故、ハーケンよりもセットしやすい。バットフックがなくても、ボルトの抜けた穴にジャンピングのキリをさしこめば、しばらく耐えることは可能だ。足が水の底につかなくても、そのままハンマーでぶっ叩き、穴を深くすることは可能だ。

【裏技・投げ縄】(別名:ムロブシ)
 投げ縄は、チョックストンが出てきたときの裏技である。ロープの末端にハンマー、ナッツ、カラビナ等をつけて、投げて岩の隙間に引っかける。陸上のハンマー投げの要領で投げるのを特にムロブシと呼んでいる。投げ出す際に吼えれば、到達距離もアップ? 際どい草付登攀の際に3〜4m上の灌木に投げてひっかけたりする事もある。20m位は届きそうな感じもしなくもないが、実はロープの重さのせいもあって、思ったほど遠くに投げられない。せいぜい10mがいいところであろう。荷重方向次第でいきなり外れたりするので注意をしたい。上投げよりも、下から上に放り投げる方法の方がより遠くに飛ばせる。

【裏技・チョンボ棒】
 同様にチョンボ棒も裏技のひとつと言える。水流際のボルトが1本だけ流水で抜けていることは多い。そういう時は、チョンボ棒が大活躍する。危険個所を何よりも早く突破することが大事であるため、変にこだわらずにチョンボ棒を使いたい。高度なものとして釣竿クリップという技もあるが、はるか遠くのものに引っかけるという行為自体難しいものであり、またボルトの効き具合も確かめられないまま、荷重をかける(静荷重だけど)ことになるので、考え方によっちゃ非常に危険なテクニックとも言える(これやって支点が抜けて、半月板損傷の大怪我を負った人がいるww)。
 ヘルメットジャミングというスクイズチムニーに使うE難度の技もあるようだが。私はした事がない。ヘルメットを脱ぎ、水からの這い上がりなどの際に、ヘルメットをセットするらしい。ヘルメットはプラスチック製で強度がないので、カムやハーケンなどすぐに安心出来るギアをセットしないとまずいだろう。

【荷上げ】
 ゴルジュ内の滝の多くは、空身で取りつくことも多い。水をたっぷり含んだザックは想像以上の重さになる。体感で20kg以上なんてこともザラだ。そんなザックを背負った状態では、普段のクライミング能力の半分も出せない。そういう訳で荷上げは必須技術である。
 ひとつのザックの重さはせいぜい20kgもいかないだろうし、その程度であれば、複雑な荷上げのシステムなんかなくても、一気に引っ張ってしまえば、引き上げが可能である。プーリーを一つぐらい持っていれば、万が一墜落したときのレスキューなど様々な用途に応用できるのでいいかもしれない(が、台湾に行く場合以外には持っていったことがない)。
 しかし、壁と違って、ゴルジュの中で大きな障害となるのが、釜・滝の存在である。瀑水に触れると、水流の強さによっては、どんなに軽い荷物でも一人で引き上げるのは非常に難しいし、釜の中に引きずり込む様な流れの中から荷物を引き上げるのも一苦労である。そんなときは、チロリアンブリッジの要領で荷上げすればいい。20m程度の瀞があって、最奥に瀑水が落ちているような滝の場合は、ロープの途中にエイトノットを作ってそこに荷物をクリップして、両側からロープをひっぱりつつ、瀑水に触れないようにチロリアンブリッジの要領で荷上げをすればいい。

【確保】
1、泳ぎの時の確保

 泳ぎの時の確保には、いくつかのパターンがある。クライミングの場合に比べて大きな衝撃が来ないため軽視されがちだが、足に絡まったりする等のアクシデントは意外と多いため、注意が必要である。基本的には泳ぐスピードに合わせてロープを流す。不必要に多く流すと、水の流れにロープが持っていかれる事になり、水中の障害物にひっかかったり、時に強力な下降流に引きずり込まれる事もあり、かえって危険である。また、万が一の場合でもロープが外せるように、ハーネスにロープを直接結ばずに、カラビナを介して引っ掛けた方が良い(登攀の場合でもそのようにする事がある)。

2、クライミング時の確保
 普通のクライミングの確保と変わらないが、ゴルジュの側壁を斜上する様なクライミングの場合は、落ちた場合の事を考えておく必要がある。わずかな支点を残して釜の中に墜落してしまい、そのまま流れに引きずり込まれてしまった場合、かなり危険な状態にクライマーは置かれる事になる。こうした状態を我々の間では“ルアー状態”と呼んでいるが、引き上げが困難である。万一渦に巻き込まれて引き寄せることができない場合は、確保を解除するしかないが、ザックやライフジャケットなどの浮き袋となるものをすぐに投げ込める状態にしておく。
 また、多くの場合は、ゴルジュの中に響き渡る水の音で、コールが全く届かない。目視出来る場合はジェスチャーで判断し、出来ない場合でも確保ミスが起きないように事前に意思疎通を図っておく必要がある。

【ギアの回収・整理】
 ギアの回収で求められるのは、落とし物をしないということである。落としたギアは2度と手元には戻ってこない。釜の中から女神様が出てきて「あなたの落としたハーケンは金のハーケンですか?銀のハーケンですか?」などと聞いてくるわけがないのだから。
 落とし物の中でも一番多いのがハーケンではないだろうか? 私は、ハーケンの回収をする際にはハーケン抜きを持参している。ワイヤータイプのものも販売されているが、スリングで自作してもいいだろう。片側を自分の体とつなぎ、もう片方はハーケンとつないで、ハンマーで叩いてやればいい。そうすれば、ハーケンが誤って落ちていくこともなくなる(おかげでハーケンにかける側のカラビナはボコボコになっている)。抜けないときは、叩きながらハーケン抜きを思いっきり引っ張ってやればいい。瞬間的なバカ力は必要だが、頑張れば外れる。
 大体は1ピッチの登攀だが、大滝の登攀などではつるべで登ることもあり、次のピッチをリードしやすいように、ギアを整理しながら回収していくことも大事だ。なお登攀中は、ギアの整理だけはきちんとしておきたい。シャワーをかぶりながらの苦しい登攀中に使いたいギアを探すのは至難の技だ。

【ロープの処理】
 ゴルジュの中では、ロープの処理が大事である。水の中につけたままでいると、水の流れで岩と岩の間にひっかかってしまったりするし、前日にFIXした様な場合は、水の中にロープを浸けっぱなしにしておくと、水の流れで予想もしないくらいロープがねじれて、次の日の一番に使用するのが非常に困難になる。
ケイビングにおけるコードテクニックやシングルロープテクニックなどの利用も考えられるだろう。
posted by gorge13 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルジュ突破やろうぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。